腟カンジダは腟にいるカンジダ菌が増殖することによって、おりものやかゆみなどの不快な症状を起こす病気です。菌自体は健康な女性の皮膚や口の中、消化管などに存在する常在菌ですが、風邪や疲れ、ストレスや日常生活における免疫力の低下などで増殖します。ホルモンの変化などによって腟の中で発症することもあり、女性の約20%が経験すると言われています。早い段階において治療することで症状を改善することができるでしょう。

もしカンジダになってしまったら?

腟カンジダにはいろいろな症状があり、例えば腟や周辺にかゆみを感じたり、白い酒粕(カッテージチーズ)のようなおりものが特徴的です。ヒリヒリしたり熱感があり、腟の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤などを見ることができます。排尿痛や性交渉時の痛みを感じることもあるでしょう。もともと体内にいるカンジダ菌によって発症したり、再発する病気です。原因のほとんどは日常生活によるところが大きく、発症したり再発する原因として風邪や疲れ、ストレスや免疫機能の低下などがあげられます。再発を繰り返しやすい病気であることが知られていて、膣カンジダの他に細菌性腟炎や膣トリコモナスなどもあります。おりものやかゆみなどで健康をチェックすることができ、頻繁に再発を繰り返すようなら他の疾病の可能性もあるので医師と相談すると良いでしょう。

再発を防止するためにいくつか方法があり、温かい湿気を好む菌になるので乾燥で繁殖を防止することが可能です。通気性の良い木綿の下着をつけたり、ゆったりした服を着用すると良いでしょう。シャワーや水泳の後デリケート部分を完全に乾かしたり、濡れた水着や湿っている衣類は着替えることが大切です。生理中以外のナプキンの使用はこまめに交換するのが基本になり、腸などの消化管の中にいる菌に対して排便や排尿時は前から後ろにふきとるのが必須です。ビデ(腟内洗浄)やタンポンの使用には注意が必要で、治療薬を使っていると腟から洗い流すことによって薬の効果が弱まる可能性があるので注意が必要です。殺精子剤の使用も医薬品の効果を妨げるケースがあります。性交渉についてパートナーに感染する可能性が高いので注意が必要で、パートナーも発症していて不快な症状がある場合、医師の診断を受けましょう。タオルを介して家族に感染するリスクがあったり、入浴した時外陰部を石鹸で強く洗うと刺激によって炎症が酷くなることもあるので、軽く洗い流す程度がおすすめです。

カンジダ治療薬にはいろいろな種類がありますが、カーネステン(エンペシド)がおすすめです。特効薬として知られていて、1976年から治療に使われています。かゆみやおりものなどの異常を2?3日で抑制することができ、臨床試験において88.6%有効性を示しています。6日間投与することによって菌の消失率は92.3%を誇っていて、幅広い世代の人が利用している人気の医薬品です。カーネステンの成分はクロトリマゾールで、寝る前に膣に挿入するだけで治療を行うことが可能です。バイエル社より製造・販売されていて、日本ではエンペシド膣錠という名前で知られています。有効性が高い治療薬として使われており、排尿痛や痛みなどを改善することができるでしょう。膣カンジダ症は菌が膣内において異常繁殖をすることによって発症する病気で、クリームや軟膏で外陰部の皮膚の治療は行ったとしても、膣で繁殖している菌を完全に死滅させるといった根本的な治療は難しいものです。患部に直接有効成分を提供できるカーネステン膣錠を利用すると、クリームや軟膏といった外用薬より確実に完治することができます。カーネステンは原因体である菌への殺菌効果を持っている抗真菌薬で、菌の発育を抑制したり阻止することができ、おりものの異常などを2?3日で鎮めることが可能です。性交以外の原因で感染することもありますが、カーネステンを利用することによって効率良く短期間で治療することができるでしょう。副作用が少なく、安心・安全に利用することができます。

カンジダの原因は性交以外にもある

白いおりものが出たり陰部にかゆみがあるのに、誰にも相談できず一人で悩んでいる人は多くいます。膣カンジダ症は女性の4人に3人が一度は経験すると言われている病気で、性交渉による感染だけとは限りません。性病と断定することはできないので、一人で悩むことなく医師に相談することをおすすめします。この病気は自分自身の免疫力が低下してくると多く発症するという特徴があります。健康な身体の場合腟内にある乳酸桿菌という常在菌が弱酸性に内部を維持していて、雑菌などの繁殖を抑制することが可能です。しかし疲れやストレスなど溜まっていたり免疫力が下がっていると、カンジダが増加し不快なかゆみやおりもの・ニオイなどを発生するのです。便秘の人は腸に菌が増えやすいことが多いので、排便後後ろから前へ拭かないよう日頃から注意が必要です。むれやすい下着などを着用していると、カンジダが繁殖しやすくなるような環境になるので注意しましょう。

ステロイド剤を使ったり風邪をひいた際、抗生物質の内服によっても発症するケースがあります。性交渉でうつる場合は数日後かゆみなどが発生することが多く、何かしら異変を感じたら早めに病院を受診することをおすすめします。パートナーも一緒に治療しなければいけないケースもあるでしょう。軽度のものは生理がくると経血と一緒にカンジダが洗い流されることによって治ることもありますが、かゆみが長引いたり白いおりものが出るようになると注意が必要です。抗真菌剤と言うカビを殺す医薬品などを使って、腟内に挿入したり塗り薬で治療することができます。気になったら我慢せずに病院を受診しましょう。

デリケートな部分なので受診するのをついつい躊躇する人も多いですが、なるべく恥ずかしがらずに早めの処置が大切です。パートナーがいる人はその人が保菌者の場合もあるので危険です。特に男性の場合は自覚症状がないので、治療してもなかなか治らない時は勇気を出して話し合ったり一緒に治療を受けなければいけません。この病気を発症するにはいくつか原因があり、性交渉による感染があげられますがその他にもさまざまな種類があります。例えば疲れていたり風邪を引いていたり、ストレスなどから免疫が落ちた時に発症することが多いです。抗生物質などを使用した後も注意が必要で、もともとある膣内細菌も一緒に殺菌してしまうための菌交代現象と呼ばれています。妊娠などによって膣内酸性度が低下することもあり、ピルを使用中の人も発症することが多いです。

その他では副腎皮質ステロイドを使っていたり、糖尿病や肥満、免疫抑制剤などを使用していると誘因されると言われています。明らかな誘因がない時でも不快な症状を起こす人もいるので、日頃からの注意が必要です。再発を繰り返す人も多く、原因や誘因となっているものを早い段階において除去するようにしましょう。抗生剤やステロイド、ピルやホルモン剤の投与を中止したり、糖尿病や他の性感染症の検査を受けることが大事です。不適切な下着を使わないようにしたり、膣洗浄剤の使用を避けることもおすすめです。誘因が特にない時は膣錠の成分を変更してみたり、パートナーの治療や検査をしてみると良いでしょう。膣内のカンジダが膣錠や軟膏などによって一時的に消失しても、腸管内に存在する菌が外陰部を介し膣に侵入することがあります。そのような場合は感染したり再発を繰り返すことが多いので、これに対して内服による加療も一つの方法として考えられています。副作用が少ないので安全・安心して服用することが可能です。

記事一覧
錠剤とクリームが選べるカーネステンとエンペシドについて 2019年08月16日

膣カンジダ症にはいろいろな医薬品がありますが、カーネステンは便利です。膣錠とクリームがあり症状に応じて選択することができます。膣錠の場合、寝る前に膣に挿入するだけで治療することが可能です。日本ではエンペシド膣錠という名前で知られていて、真菌の細胞死を招くことによって抗菌作用を示すことができます。膣錠...

性病としてのヘルペスには口唇ヘルペスと性器ヘルペスがある 2019年10月02日

ヘルペスにはいくつか種類があり、単純疱疹と帯状疱疹を指します。いずれもヘルペスウイルスが起こしていて、症状が似ていますが別の疾患です。ヘルペスは帯状疱疹を指す場合が多く、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。口唇ヘルペスの場合、唇の周りに赤い水ぶくれができたり、かゆみや痛みがあるでしょう。疲れやスト...

尖圭コンジローマの原因を徹底解説! 2019年11月05日

尖圭コンジローマは性器にできるイボで、性行為が原因によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)によって腟や陰茎、直腸やその周囲などに発生します。HPV(ヒトパピローマウイルス)の種類が違うと引き起こされる感染症が異なり、性器にできたり目で見て確認できるイボがあれば、子宮頸部や腟、肛門や直腸などに...

感染者が多いことで有名なクラミジアについて 2019年10月16日

クラミジアは感染者が多いことで有名です。クラミジア・トラコマチスという病原体による性病で、性行為によって女性の子宮頚管や男性の尿道などに感染します。咽頭粘膜などにも感染することがあり、女性の感染者数では最も多い病気で特に若い世代に集中している性病です。女性に広く蔓延していることが認められていて、近年...

カンジダだけじゃない!有名な性病まとめ 2019年09月13日

性病にはカンジダ以外にいろいろな種類があります。例えば尖圭コンジローマの場合、病原体ヒトパピローマウイルスが原因で、感染経路として性的接触を通じて皮膚や粘膜の病変との接触が多いです。尖圭コンジローマの潜伏期は3週間~8ヶ月で、性器や肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤が現れます。ケジラミ症の場合、病原体はケジ...

カンジダ治療薬に欠かせない有効成分クロトリマゾールとは? 2019年08月28日

カンジダ治療薬に欠かせない有効成分としてクロトリマゾールがあげられます。クロトリマゾールは真菌の細胞膜を構成する物質であるエルゴステロールが生合成する過程を阻害する作用があります。このエルゴステロールを生成できなくすることによって、真菌の細胞膜機能を低下することが可能です。有効成分クロトリマゾールの...