• ホーム
  • カンジダだけじゃない!有名な性病まとめ

カンジダだけじゃない!有名な性病まとめ

心配している女性

性病にはカンジダ以外にいろいろな種類があります。例えば尖圭コンジローマの場合、病原体ヒトパピローマウイルスが原因で、感染経路として性的接触を通じて皮膚や粘膜の病変との接触が多いです。尖圭コンジローマの潜伏期は3週間~8ヶ月で、性器や肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤が現れます。ケジラミ症の場合、病原体はケジラミで感染経路は性的接触を介する陰股部や陰毛との直接接触です。衣類・寝具などから感染する間接的感染もあり、ケジラミ症の潜伏期は不定で1~2ヶ月が多いでしょう。寄生部位や主に陰股部の掻痒が特徴的です。性器クラミジア感染症の場合、病原体はクラミジアトラコマティスで、感染経路として性的接触を介する粘膜による直接接触が多いです。潜伏期は1~3週間で、男性の場合は排尿時痛や尿道掻痒感があり、女性の場合は症状が軽く無症状もあります。

性器ヘルペスの場合、病原体はヘルペスウイルスで、感染経路には性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触があげられます。潜伏期は2~10日で、性器の掻痒や不快感の後水泡やびらんが現れるでしょう。性器カンジダ症の場合、病原体はカンジダ属の真菌で、感染経路には性的接触を介して伝播しますが必ずしも発症しません。潜伏期は不定で、男性の場合は無症状が多く、女性の場合は外陰部の掻痒やおりものが増加します。梅毒の場合、病原体は梅毒トレポネーマで、感染経路は性的接触を通じて皮膚や粘膜の病変との直接接触になります。潜伏期は約3週間で、感染した部位に赤色のしこりやただれができたり、近くのリンパ節が腫れるので注意が必要です。その後3~12週間に発熱したり全身倦怠といった全身症状が現れ、皮膚にいろいろなタイプの発疹が現れるでしょう。10~30年の間に心臓や血管などが冒されることになるので危険です。後天性免疫不全症候群(HIV)の場合、病原体はHIVウイルスで、感染経路は血液や体液との直接接触です。潜伏期は平均10年程度で、感染が成立した2~3週間後に発熱があったり、頭痛といった風邪のような症状が数日~10週間程度続きます。その後数年~10年間無症候期に入るのですが、そのまま放置していると免疫不全が進行していくのでいろいろな合併症を引き起こすことがあります。カンジダ以外にいろいろな性病がありますが、合併症を引き起こすことがあるので危険です。何かしら異変を感じたら早めに医師に相談することをおすすめします。