• ホーム
  • 尖圭コンジローマの原因を徹底解説!

尖圭コンジローマの原因を徹底解説!

尖圭コンジローマは性器にできるイボで、性行為が原因によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)によって腟や陰茎、直腸やその周囲などに発生します。HPV(ヒトパピローマウイルス)の種類が違うと引き起こされる感染症が異なり、性器にできたり目で見て確認できるイボがあれば、子宮頸部や腟、肛門や直腸などにできる見えにくいイボもあります。この種のものは特定のがんのリスクを高めるので注意が必要です。尖圭コンジローマは焼けるような痛みを起こすことがあり、見て確認できる性器疣贅などは外観から特定することができますが、見えにくいものは子宮頸部や肛門などを調べることになります。視認できる性器疣贅などはレーザーや凍結療法を行ったり、薬を塗る治療が行われます。体の外側にできる見えやすい尖圭コンジローマの場合、性行為で伝染するので陰部や肛門部などに感染する症状が多いです。体の内側にできる見えにくい尖圭コンジローマの場合、見えやすいイボを引き起こすことはなく、子宮頸部や肛門などに小さいイボができますが腟拡大鏡と呼ばれている器具で確認することができます。見えにくいところにイボがあると症状が見られませんが、子宮頸がんや腟がん、肛門がんや直腸がんなどの発生リスクを高めるので治療が必要です。HPVはオーラルセックスも感染する原因になるので、口の感染症を起こし口腔がんのリスクも高めます。

尖圭コンジローマにはイミキアドクリームが使われていて、これは患部に直接塗る治療薬です。イミキモドを有効成分にしているベルセナクリームのジェネリック医薬品で、コンジローマの症状が現れている部位に8週間塗布すると、不快なイボやブツブツなどの症状を改善することができます。グレンマーク社から製造・販売されていて、イミキモドは尖圭コンジローマに対して非常に高い有効性があります。ベルセナクリームやイミキアドクリームの成分が使われた臨床試験において、尖圭コンジローマ患者96.4%に対して、イボやブツブツといった病変部の減少が確認されています。イミキアドクリームは世界中で使用されている尖圭コンジローマ治療薬で、ベルセナクリームのジェネリックになるので安く購入することが可能です。副作用が少なく安価なので購入する人が多く、クリームの出現によって従来では手術といった外科的療法が必要な尖圭コンジローマに対し、クリームを塗るだけで治療することが可能になりました。副作用が少ないので安全・安心して利用することができるでしょう。