• ホーム
  • 感染者が多いことで有名なクラミジアについて

感染者が多いことで有名なクラミジアについて

考えている女性

クラミジアは感染者が多いことで有名です。クラミジア・トラコマチスという病原体による性病で、性行為によって女性の子宮頚管や男性の尿道などに感染します。咽頭粘膜などにも感染することがあり、女性の感染者数では最も多い病気で特に若い世代に集中している性病です。女性に広く蔓延していることが認められていて、近年は減少傾向にありますが若い女性の間では無症状も含めて感染者が多い存在していると推測されています。クラミジア症状として、クラミジア性子宮頚管炎があげられます。子宮頚部に感染することによって発生する炎症で、多くはクラミジアに感染している男性の尿道分泌物などから感染する仕組みです。感染した後1~3週間でおりものが増加したり、軽い痛みなどの不快な症状が出るでしょう。無症状のまま気づかれない人も多いですが、感染が子宮から卵管に進むと卵管閉塞が起こったり不妊症の原因にもなります。妊婦が感染すると出産時に子供に感染してしまい、新生児結膜炎や肺炎などの原因になるので注意が必要です。

クラミジアにはいろいろな治療薬がありますが、ジスロマックはアジスロマイシンを有効成分にしたマクロライド系の抗生物質の治療薬です。1回の服用で10日間効果を持続することができ、効果的な治療を受けることができます。クラミジアの第一選択薬として有名で、ファイザー社から製造・販売されています。ジスロマックの服用回数は1回になるので便利で、ペニシリン系などの他の薬の場合は1日数回服用したり1週間続ける必要があります。1回服用するだけなので利便性が非常に優れており、幅広い世代の人が利用している治療薬です。クラミジア細菌に対して抗生物質が作用を及ぼすのは、3?4日に1度周期で訪れる細胞分裂と呼ばれている最終段階の時です。もし薬を飲み忘れたりこの時期において薬の作用が弱っている場合、アジスロマイシンの抗菌効果が下がってしまいます。しかし持続時間の長いジスロマックを利用すると、細菌が増えようとするタイミングを逃すことなく抗菌作用を発揮することが可能です。抗生物質にはペニシリン系やセフィム系・マクロライド系などがありますが、ジスロマックはマクロライド系に属します。マクロライド系抗生物質は他の抗生物質では無効になっているクラミジア属やマイコプラズマ属、一部のグラム陰性菌などに対して効果を発揮することが可能です。黄色ブドウ菌や肺炎球菌といったグラム陽性菌に有効的で、歯周病やマイコプラズマ肺炎などに高い有効性を示しています。さまざまな治療に役立っていて、副作用が低いので便利です。抗生物質に対してアレルギーがある人もジスロマックを利用することができ、副作用やアレルギーなどに心配せずに安全・安心して利用することができるでしょう。