• ホーム
  • 梅毒は放置厳禁!原因と治療薬を教えます

梅毒は放置厳禁!原因と治療薬を教えます

梅毒は非常に危険な病気で20代の女性にも増加傾向があるので注意が必要です。梅毒は性的な接触などによってうつる感染症で、原因は梅毒トレポネーマと呼ばれている病原菌になります。赤い発疹が楊梅に似ていることに由来していて、感染すると全身にさまざまな症状が現れるのが特徴的です。早期だと薬物治療で完治することができますが、検査や治療が遅れたりそのまま放置していると脳や心臓などに重大な合併症を引き起こすことがあるでしょう。無症状で進行することもあり治ったことを確認しなかったり、途中で治療をやめないことが重要です。完治しても感染を繰り返すケースがあるので再感染の予防を徹底しなければいけません。感染した後経過した期間によって症状は異なります。初期の場合、感染が起きた部位にしこりができたり、鼠径部のリンパ節が腫れることがあるでしょう。治療しなくても症状は自然に軽快することがあります。しかし病原体がいなくなったのではなく、他の人にうつす可能性があるので梅毒検査を感染を予防しなければいけません。治療しないで3ヵ月以上経過すると、体全体に赤い発疹が出てきます。消える場合がありますが、再発を繰り返すケースもあります。抗菌薬で治療しないと原因である梅毒トレポネーマが体内に残っているので完治したわけではありません。感染してから数年経過すると、皮膚や筋肉などにゴム腫が発生することがあり、心臓や血管・脳などの臓器に病変が生じるでしょう。

梅毒の治療薬にはいろいろな種類がありますが、ノバモックスは一般的によく利用されている抗生物質サワシリンのジェネリック医薬品です。有効成分がアモキシシリンで、梅毒治療の第一選択薬として利用されています。第1期や第2期における梅毒を1~2ヶ月間服用することによって治療することが可能です。シプラ社から製造・販売されていて、ノバモックスはペニシリン系抗生物質においてアレルギーが出にくいと言われていて、いろいろな用途で使用されている抗生物質サワシリンのジェネリック医薬品になります。サワシリンは国内において43年間使われていて、そのジェネリック医薬品のノバモックスにも同じ治療効果を期待することが可能です。梅毒は全体的に減少傾向にありますが、20代の女性を中心に増加しています。治療薬は日々進化しているので、早期発見・早期治療することによって症状を改善することが可能です。梅毒は症状が進んだ分、服薬期間が長くなるので注意がしましょう。