• ホーム
  • 錠剤とクリームが選べるカーネステンとエンペシドについて

錠剤とクリームが選べるカーネステンとエンペシドについて

薬を持っている女性

膣カンジダ症にはいろいろな医薬品がありますが、カーネステンは便利です。膣錠とクリームがあり症状に応じて選択することができます。膣錠の場合、寝る前に膣に挿入するだけで治療することが可能です。日本ではエンペシド膣錠という名前で知られていて、真菌の細胞死を招くことによって抗菌作用を示すことができます。膣錠は6日間継続した投与することによって、高い確率で完治させることが可能です。治療を中断すると膣錠の十分な効果が得ることができず、自覚症状が治まったとしても6日間治療期間を守ることが大事です。膣錠は真菌にだけ毒性を発揮することができ、エルゴステロールに対し毒性を持つ特徴があります。エルゴステロールを持たない身体や細胞膜に対して、影響を与えることがないので安心して利用することができるでしょう。錠剤の使い方として、就寝前に膣の奥まで挿入し1回の用量は1錠です。1日の使用回数は1回までで、治療期間は6日間になります。膣錠を挿入する際、必ず手や患部を清潔にした状態で行うことが大切です。膣錠は挿入した後、しばらく経つと錠剤が溶けて液体がたれてくるので寝る前に入れるのがおすすめです。シーツを汚さないよう生理用ナプキンを着けて寝ると安全・安心です。外に溶け出すのは錠剤の形状を維持している基剤で、カーネステン膣錠の成分はしっかり吸収される仕組みです。

カーネステンクリームはカンジダ症の治療や再発予防に利用されている塗り薬です。イミダゾール系抗真菌薬で、エンペシドクリームという名前で有名です。白癬や癜風などの治療にも利用することができ、バイエル社から製造・販売されています。クリームの使い方として、適量を薄く伸ばすよう患部に塗っていきます。1日の使用回数は2?3回で、2回なら朝と夜に塗ったり、3回なら朝昼夜と間隔を空けて塗ると良いでしょう。カーネステンクリームを塗る場合、患部や手を洗って清潔な状態にします。クリームが使えるのは皮膚の上になり、傷があったり膣内や目などのデリケートな部位にカーネステンクリームが入らないようにしましょう。膣錠もクリームも副作用が少ないので安心して利用することが可能です。購入方法に関して病院で処方されていますが、インターネットにある個人輸入代行サイトを利用すると便利です。病院での処方を利用すると時間や手間がかかりますが、インターネットからの購入方法だと自宅にいながら注文することができます。個人輸入代行サイトで副作用が少ない正規品を注文することができ、気軽に購入することが可能です。